60代 車の保険が高い

60代の車の保険が高い! 保険料が安くなるかも?とっておきの情報。

60代の方、車の保険が高くなったと思いませんか?

 

 車の保険が値上げになっています。

 

 車の保険は使わなければ安くなっていくものでしたが、一回も使っていないのに高くなっている人が沢山います。

 

 

 言われるがままに払うのは、何だか気に入らないと思うのは私だけではないはずです。

 

 自動車保険の現状と、私達にできる、保険の比較の方法をお教えしましょう。

 

 

 

60代の保険料が高い! 60歳の年齢制限なんてありましたっけ?

 

 自動車の保険といえば、年齢制限。 60代なら 「30歳以上担保」 です。

 

 実はこの仕組みが大幅に変更されています。

 

 

 今までは30才以上で括られていた世代が、細分化されました。 こんなイメージです。

 

60代の保険料が高い。改定の内容。

 

 

自動車保険料の値上げは 9年ぶりだそうです。

 

 何だい、いつもいつも何だかんだいって、保険料上げやがって! と息まきたくなりますよね。

 

 冷静になって考えてみると、自動車の任意保険料が値上げになるのは、9年ぶりなのだそうです。

 

 

 全体的でみると、平均で5.7%の値上げになっています。

 

 

任意保険の値上げ率

 

 

60代任意保険料値上げの実情。 かなりの値上げ&高齢者ほど負担大。

 

 今回の車の保険の値上げ、特徴をみてみましょう。

 

 大きなポイントは、高齢者を中心に、保険料が値上げになっているということです。

 

 下の図をご覧下さい。 60代の方は30代の方に比べると、かなりの負担増です。

 

車の保険 60代は負担増です。

 

 

 

車の保険が高い! 60代の実際の値上げ額はどれくらいなのでしょうか?

 

 車の保険の値上げ額は、実際にはどの位なのでしょうか?

 

 一般的と言われている契約において見てみると、このような感じになります。

 

 車の保険というものは、何歳になってもついてまわるものですし、これから先高くなる一方だというのは、キツイですね。

 

車の保険60代の値上げ

 

 

今回、車の保険が値上げになってしまった理由

 

 車の保険は、何かあるごとに保険料が改定されます。

 

 今回も「何か」があったのでしょうか?

 

 保険会社いわく、こんな事があるから、高くなってしまったのだそうです。

 

車の保険が高くなってしまった原因

 

 実際に、高齢者を中心に、スーパーに飛び込んでしまったり、アクセルとブレーキを踏み間違えてしまったりという、重大事故が多発しています。

 

保険料の値上げ。 現在は移行中ですが、最終的には国内各社で同じになります。

 

 保険料の値上げは、国内各社で行われます。

 

 通常は同時に行われますが、震災の関係や、特殊な事情によって、今回は各社で出足がバラバラです。

 

 A社は値上げ済みでも、B社はまだ値上げをしていない、という事もありえます。

 

 でも、最終的には、国内の損保会社は、同じ法律の下で金額を出すことになります。

 

 

 余談ですが、現在国内損保各社では統廃合が進んでいます。

 

 最終的には、東京海上グループ、三井住友グループ、損保ジャパングループになります。

 

 

車の保険料が高いと思う方、こちらのシステムをご利用ください。

 

 損保会社には、様々な会社が存在します。

 

 自動車ディーラーを代理店に持つ、国内大手損保は、今回がっつりと値上げをします。

 

 

 ですが、一方で外資、ダイレクト系など、この括りに入らない保険会社も存在します。

 

 以前の規制緩和で、参入が認められた会社ですね。

 

 これらの会社は、独自の料金システムを持っていますので、保険料も安くなる可能性が大です。

 

 

 一度に最大20社の保険料を比較できるシステムがあります。

 

 簡単な入力だけで、沢山の会社の保険料を比較することができます。

 

 

 しつこく勧誘される事はありません。合わないと思えば、以前の会社にお世話になればいいのです。

 

 

 一度見てみると、国内各社がどれほど… なのかが、おわかりいただけると思います。

 

 入力は簡単ですので、是非一度ご覧になってみてください。

 

 

保険料の比較

 

 

 

 

ご参考までにこちらもご覧下さい



一度、車の価格を聞いてみるのもいいかもしれませんね。

あなたの車の価格を、複数社から教えてもらえるシステムです。



↓ ↓  CLICK  ↓ ↓






 


殆ど乗らないなら、カーシェアリングシステムへ。

任意保険料、税金、駐車場代もろもろ かかりません。



↓ ↓  CLICK  ↓ ↓



カレコ・カーシェアリングクラブ


 

 

 

自動車の消耗品でも節約できます。 管理人も実践している節約作戦!


節約目標 ▲ 50,000 円  タイヤ代節約 節約目標 ▲ 20,000 円  バッテリー代節約



管理人は 195/65/15 プリウスやセレナに合うこのサイズ4本新品、コミコミ 25,000円で愛車に装着できました。
新品BSより5万円以上安く手に入れるならココ。
通販で安く買って、量販店で取り付けてもらうと、とってもお得!是非ご体験ください!タイヤもディーラーさんにとってかなりの利益商品です。

こちらから ⇒ 新品タイヤなのに5万円節約する


エネオスなどの高級バッテリーが新品の4分の1以下の価格で買える!重機や船舶では中古バッテリーが多く使われています。 保証付きで安心!殆どが送料無料で、使用後の廃棄バッテリーも無料で引き取ってくれます。エコを実感できておトク!ディーラー新品は利益商品、高い。

こちらから ⇒ 中古バッテリーで2万円節約する

ホーム RSS購読 サイトマップ